FC2ブログ

mm blog

写真、カメラ、Apple製品などの趣味Blogです。


In 02 2015

10
Category: FUJIFILM > XF56mm F1.2 R   Tags: X-T1  カメラ機材  Snap  

Portrait Lens



XF56mm APD テスト1
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R APD


ミッドタウンにあるFUJIのサービスステーションに行って来た。

ポートレートに最適な85mm相当のレンズが気になっていたので、試し撮りさせてもらいました。

レンズはXF56mm F1.2 R or XF56mm F1.2 R APD

アポダイゼーションフィルターの着いてるものか、ノーマルのもかどっちにしようか悩んで
いたので確認してみました。

まずはAPDを試してみた。


XF56mm APD テスト2
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R APD


手前ピントに中央ピントと撮り比べてみたが、凄まじいボケに圧巻です。

トロトロなボケで、なめらかで綺麗なグラデーションボケになってるようにみえる。


XF56mm APD テスト3
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R APD

柔らかいボケが何とも言えない写りをしていて、正直このレンズ欲しいです!


XF56mm テスト1
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R

折角だから、2階でノーマル56mmを借りて短時間試し撮り散歩してみました。

手前ピント

XF56mm テスト2
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R

奥ピント


XF56mm テスト6
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R


手前ピント


XF56mm テスト3
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R


玉ボケ 

若干背景がAPDよりざわつきがあるようにも見えるが、正直この感じは結構好きなボケです。


XF56mm テスト5
FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R


当たり前だけど、離れた背景はいい感じに柔らかいボケを出してくれる。

このノーマル56mm、正直相当な優れものだと思う。

FUJIも悩ましい事してくれますが、自分的にはこのノーマル56mmで充分満足なレンズです。

ボケを思いっきり楽しむのであればAPD仕様が間違いないかもしれないが

ボケ具合がシンプルで、玉ボケの輪郭がはっきりしている感じも自然で好みなので

買うならAPDなしの56mmになりそうです。

APDが折角発売してるのに何でノーマルを?と思うのもあるので、もう少し悩んで決めようかと..

同じ構図での撮り比べをすれば良かったと、今更気付いたところは素人なので勘弁です。

因みに、ちょこっと触らせてもらったXF16-55mm F2.8 R LM WRもいい感じで、重さも
差ほど感じませんでした。

FUJIのレンズがすごくいいだけに、欲しいレンズ多すぎて本当に困ります。







スポンサーサイト



テーマ 写真日記    ジャンル 写真



2
3
4
5
6
7
8
9
11
14
15
16
18
19
20
22
24
25
26
27
28

top bottom